Principle Cosmetics
リトリートオイル い草
BUDDHIシーン2

ブッディ リトリートオイル(BUDDHI 美容オイル)

美容成分が豊富なプリンセピアオイルに、肌内の潤いを司るアミノ酸11種類の複合成分を。そして髪や肌の生まれ変わりをサポートするフルボ酸、ビタミン、アミノ酸、現代人に不足しがちなミネラルが含まれた、太古からの恵み・フムスエキスをブレンド。
本当に必要な栄養素を選び抜き、できるだけ余計な手を加えず、ピュアなまま肌に届けることにこだわり抜きました。その日の気分やからだの状態に合わせて選べる3種類の香り。
世界のセレブリティに支持される5つ星ホテルアメニティを貴方のプライベートタイムでもご堪能ください。

い草 IGUSA

~気持ちをリセットしたいときに~

ブッディ リトリートオイル い草

安らぎと清廉をもたらす畳の香り

すがすがしさを追求したい草とパチョリのアロマは、心の澱みをゆすいでくれる一服の清涼剤。素朴な中に感じられるヒノキ油の高潔さが、しゃんと冴えわたる思考力をも取り戻します。すべての日本人の原点がここに。

畳に身を委ねたときの"絶対的な心地よさ"を再現

DNAレベルで日本人の魂に刻まれている畳の香り。 い草とパチョリのすがすがしく清浄なブレンドが頭をふっとクリアにして、冷静さと平常心を呼び覚まします。
後から香り立つヒノキのアロマが連れてくるのは、安らぎに満ちた穏やかな気持ち。
どこまでも無理がないことを追求して心身の浄化へと繋げる、 BUDDHIのスピリットを象徴する調べです。

ご使用方法

1. 洗顔後、化粧水前のブースターとして
2. お手持ちの化粧水、クリームに水滴混ぜて
3. シャンプー前の頭皮マッサージとして
4. ヘアケアオイルとして
5. ボディケアオイルとして
6. ネイルケアオイルとして

化粧品取扱いに関する注意事項

  • ・お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
  • ・化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。〔1.使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合 2.使用したお肌に、直射日光があたって上記のよう な異常があらわれた場合〕
  • ・傷やはれもの、湿疹等の異常がある部位にはお使いにならないでください。
  • ・目に入ったときは、直ちに洗い流してください。
  • ・開封後は容器のフタをしっかり閉め、直射日光・高温・多湿を避け、涼しい場所に保管してください。

主成分

プリンセピアオイル/フムスエキス/レモングラス油/ヒノキ油/パチョリ油

プリンセピアウチリス種子エキス/コメヌカ油/香料* /レモングラス油/ヒノキ油/ゴマ油/セスキカプリル酸ポリグリセリル-2/フムスエキス/タウリン/リシンHCl/ロイシン/グリシン/ヒスチジンHCl/セリン/バリン/トレオニン/イソロイシン/アラニン/アラントイン/フェニルアラニン/プロリン/アルギニン/チロシン/グルタミン酸/アスパラギン酸Na/グアニル酸2Na/イノシン酸2Na/トコフェロール/水
*は、イングリッシュローズを含みます。

内容量 20ml

¥19,440(税込)

マタニティマッサージ※プロフェッショナル研修認定

※日総研主催「妊産婦の頭痛・肩こり・疲労感を軽減するマッサージ手技取得」セミナー認定オイル

サロン
BUDDHIシーン1
BUDDHI ブッディ

サンスクリット語で"目覚めた人・智慧・心の状態・理解力・本質"の意。
慌ただしい日常の中でも常にリトリートの精神を持ち、自らの気持ちを自らでエナジャイズできるように、との願いを込めました。
自分らしく前を向いて生きるのに、日々できることはあるだろうか?肩の力の抜けたしなやかなひとを目指すのに、大切なことはなんだろうか?その答えは、何かを得ようとするのではなく"手放す"ためのセルフケアにある。
365日どんな日も、肌と心に自然に寄り添って、まっさらにリセットするひとしずく。それはあなたの中に眠る美と才能を自由に解き放って――。
今、かけがえのない「私に還る」。

BUDDHI ディレクター 種市智子

美容業界での経験と長年途切れることなく続けている 少人数制の料理教室、それにより培った2つの視点を活かして “身体が細胞レベルで喜ぶ”素材や香り、感触を追求。 その賜物とも呼べるスキンケアの開発に取り組む。
2015年、美の原点は“食”にありという想いの裾野を広げるため、 女子栄養大学に入学。私生活では一児の母。

リトリートコスメ「BUDDHI」
1日の始まりと終わりのスペシャルケア
「私に還る」オイル

日常の喧騒からふっと自分を切り離し、五感に訴えかけて 身体と精神を解きほぐす。今を生きる女性にこそ必要な リトリートの理念を、コスメティックで体現できたなら?
そんな想いから生まれたオイルは「どんな日でも無理せずに使える」 「闇雲にパワーチャージするのではなく、肌本来のちからを呼び覚ます」 「本能に働きかける無垢な香り」を何よりも大切にしました。
限りなく純粋なセルフケアからはじまる正のループによる、真の“健やかな肌”を体感してください。

ブッディ リトリートオイル
(BUDDHI 美容オイル)

深い呼吸とともに香りが身体の深層に広がり、気持ちと調和してゆく――。BUDDHIでは心身のリセットに香りのちからは不可欠と考え、健やかなるときも病めるときも心にそっと寄り添う、3種の調べにたどり着きました。

  • a

    BUDDHI ブッディ リトリートオイル
    野ばら NOBARA

  • a

    BUDDHI ブッディ リトリートオイル
    い草 IGUSA

  • a

    BUDDHI ブッディ リトリートオイル
    蜜 MITSU

ブッディ リトリートオイル
(BUDDHI 美容オイル)
ご使用方法


1. 洗顔後、化粧水前のブースターとして
2. お手持ちの化粧水、クリームに水滴混ぜて
3. シャンプー前の頭皮マッサージとして
4. ヘアケアオイルとして
5. ボディケアオイルとして
6. ネイルケアオイルとして

【リトリートオイルの使い方※オイル美容~プロテクニック編】
vol.1
オイル美容ベーシック編
入浴後や朝の洗顔後、肌が濡れたままの状態でオイルを1~2滴。水分を得て柔らかくなった肌は、オイルの有効成分を吸収しやすく、オイルも馴染みやすい状態。 肌の潤いを守っている水分と、入浴や洗顔で得た水分の両方を閉じ込めることができる。 そして、オイルによって肌が角質まで柔らかくほぐれるので、次に使う化粧水の浸透を高める効果も期待できる。 入浴後の濡れた肌にクリームや乳液に数滴混ぜて、全身ケアするのもお勧め!

vol.2
フェイシャルケア編
化粧水で水分、美容液で栄養分を与えた肌に、手のひらに伸ばした1~2滴のオイルを重ねると、水分や栄養分の蒸発を防ぎ、肌の潤いを保持。 肌にオイルを伸ばしたあと、優しくハンドプレスするとより効果的。また肌の保湿力が持続するため、過剰な皮脂を抑える効果も。

vol.3
ヘア・ヘッドケア編
洗髪後、しっかりタオルドライした後の濡れた髪に、手のひらに広げたオイルを馴染ませ、ドライヤーで乾かすと、しっとりまとまりやすく。適量の目安は、ショートなら1~2滴、ミディアムなら2~3滴、ロングなら3~4滴。乾燥しやすい中間から毛先に揉み込むようにつけるのがコツ。 朝のスタイリング時に、スタイリング剤に1滴混ぜて使うと、髪にツヤ感も出て仕上がりのクオリティがアップ。
さらに、スペシャルケアとして洗髪前に頭皮のオイルマッサージすることでコリがほぐれ、血行を促進。健康な髪が生えやすい頭皮環境に整う。 デスクワークやスマホ操作で疲れ目が気になる人にも効果的。 頭皮の皮脂が浮き上がり、シャンプーだけでは落としきれない毛穴の汚れもスッキリ。 またオイルを直接塗り込んだ後に洗髪すると、適度な油分が残り、頭皮の乾燥を防いでくれる。

vol.4
ボディ・ネイルケア編
希釈用トリートメントオイルにお気に入りの香りのオイルを数滴混ぜて、お風呂上がりにボディ全体になじませてマッサージを。 全身を乾燥から守り、むくみや疲れを緩和。肌のざらつきやセルライト予防する効果も期待できる。 ネックやデコルテなど、年齢が出やすい部分のケアも念入りに。
肌や髪と同じように乾燥による影響を受けやすい爪。 乾燥したままにしておくと、爪の割れや欠け、二枚爪、ささくれやひび割れなどの原因に。 オイルでのネイルケアは、爪の根元部分にある甘皮部分にオイルを垂らし、マッサージしながら爪全体に伸ばして、指先までしっとりと潤わせて。 ケア効果だけでなく、指を動かすたびに心地よい香りが広がり、気分転換にも。 ハンドクリームと併用する場合は、ハンドクリームの前に使用するのが正解。

vol.5
ヘア・メイクアーティストテクニック編
実はトレンドのツヤ肌作りにもおすすめ。 下地やBBクリーム、リキッドファンデーションにオイルを1滴混ぜてから肌にオン。 驚くほどに伸びがよくなり、肌にピタッと密着。まるで素肌のような健康的なツヤ肌が完成! “テカリ肌”になってしまわないように、下地やファンデーションはいつもの2/3ぐらいの量に抑え、オイルは1滴だけ混ぜるのがポイント。 その他、クリームタイプのチークやハイライターなどに混ぜて使うのも◎。 日中の乾燥を防ぐ効果もあり、美しい仕上がりが長持ち!
メイク崩れの原因は汗や皮脂、そして乾燥。 ファンデーションの浮きや、パンダ目の原因になるのが、汗や皮脂による崩れ。 乾燥による崩れは、ファンデーションのひび割れや小じわへのめり込みなど。 どちらの崩れにも有効なのがリトリートオイル。 綿棒にオイルを染み込ませ、崩れた部分のメイクを一度オフ。 さらにごく少量のオイルを伸ばした指先でオフした部分をタッピング。 オイルの効果で肌がなめらかに整うので、メイク直しがスピーディ&美しく! ぜひお試しを。

使用上の注意

  • ・お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
  • ・「1.使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合 2.使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合」傷やはれもの、湿疹等の異常がある部位にはお使いにならないでください。
  • ・目に入ったときは、直ちに洗い流してください。
  • ・開封後は容器のフタをしっかり閉め、直射日光・高温・多湿を避け、涼しい場所に保管してください。

ブッディ リトリートオイル 希釈
(BUDDHI トリートメントオイル)

サロン

配合比率にこだわった希釈用オイル

プリンセピアオイルを贅沢に使用できるトリートメント(希釈)オイル。伸び・浸透力(角質層まで)・潤いのすべてを叶えるべく改良を重ね、プリンセピアをベースに、セサミやコメヌカ、ホホバオイルを独自のバランスで配合しました。

ご使用方法

1.フェイシャルマッサージオイルとして
2.ボディマッサージオイルとして
3.頭皮マッサージオイルとして
4.500円玉大の量に美容オイル(お好みの香り)を数滴混ぜて
5.クレンジングオイルとして

【クレンジング※HOTEL-SPAエステティシャン編】

①手のひらに500円玉程の量の希釈オイルをとり、手のひらを重ね人肌に温めたら、顔をやさしく包み込んでオイルを塗布

②指先の腹を使ってくるくると丁寧に、軽くマッサージするように、メイクとなじませていく。ポイントは、肌をこすらず優しく指を滑らせていくこと。充分量のオイルを使い、皮脂分泌が盛んな小鼻のまわりなども忘れずに

③メイクになじみ、汚れが浮き上がってきたら、ホットタオルかティッシュでオイルをふきとる。お勧めはホットタオル。40℃ほどのお湯でタオルを絞り、広げたもので十分に効果を発揮する。温熱・スチーム効果で汚れがスッキリと落ちやすくなり、血行促進によってくすみやクマも改善

④仕上げ洗顔は、洗顔料できめの細やかな泡をたて、顔に泡をのせて、泡パックをするようなソフトな洗顔を

⑤泡を優しく洗顔後はぬるま湯で丁寧に泡を洗い流す

※HOTEL-SPAエステティシャンテクニックで、ワントーン肌色が明るくなり、きめが整った透明感のある美肌を体感ください。

BUDDHI's Story

プリンセピア

多大な美の可能性を秘めたプリンセピアオイルの製品化は、ヒマラヤに暮らす人々とのパート ナーシップの元に成り立っています。日本のNPO、NGOがネパール政府と協力し、野生の植物オイルやハーブエキスのバリューチェーンを高めるためのプロジェクトを発足しました。

資源となりうる植物を現地の人の手で栽培・収穫・精製・出荷するビジネスモデルを確立し、希少かつ上質な原料の獲得を実現しました。またそれは「将来的に貧困地域の人々の収入を25%引き上げる」ための重要なアプローチになっています。 地域と調和した永続的な共生を目指して。

ブッディ リトリートオイル
主な成分について

オイル

プリンセピアオイル

エイジングケア*の救世主 第3のオイル誕生 
*年齢を重ねた肌への保湿
―“プリンセピアオイル”のちから ー

出典元

Plastid Genome Sequence of a Wild Woody Oil Species, Prinsepia utilis, Provides Insights into Evolutionary and Mutational Patterns of Rosaceae Chloroplast Genomes / USDA(米国農務省)Food Composition Database / 日本食品標準表2015年版文部科学省 科学技術・学術政策局 / BIO PLANETE / 海南大学食品学院 海南省食品研究所 / 厚生労働省健康局2015年版

ヒマラヤの高地の限られた場所にしか生息しない希少な一重のバラ科の花、 プリンセピア。この実には美容効果が期待される脂肪酸、「オメガ3・6・9 」 がバランス良く含有されており、さらにビタミンE中のγ ガンマトコフェロールにおいては、オリーブオイルの35倍以上を含むといわれています。そこから抽出 されたオイルはアルガン、ココナッツに次ぐ「第3のオイル」として注目を集めています。

アミノ酸コンプレックス

美のサイクルを活性化させ、肌の水分と潤いを保持する天然保湿因子(NMF)を構成するアミノ酸を含む、アスパラ銀酸Na,トレオニン、アルギニン、アラニン、アラントイン、リシンHCI、プロリン、チロシン、セリン、タウリン、グリシンの11種類のアミノ酸コンプレックス。

フルボ酸(フムスエキス)

数億年前の太古からの恵みである熟成天然美容成分。何万年もの年月を経て熟成、抽出された海洋性熟土由来の天然成分は肌や髪の生まれ変わりをサポート。体内で合成不可能な9種の必須アミノ酸を含む20種のアミノ酸、16種のミネラル、フルボ酸が豊富に含まれた成分です。

セサミオイル

古代インドの伝統的なトリートメント『アーユルヴェーダ』に使用されるほか、古代エジプトの女王クレオパトラも、セサミオイルを美容に取りいれたといわれているほど、古くから美容に取りいれられてきたオイルです。抗酸化効果が高い上、サラサラとしたオイルで肌に浸透しやすいだけでなく、肌から水分が蒸発するのを防ぎ、保湿力を高めます。

コメヌカオイル

肌を滑らかに、そして保護する力に優れたオイル。肌を滑らかに整えるビタミンEやオリザノールといった有用成分の他にも、オレイン酸やリノール酸を豊富に含んでいるのが特徴です。

¥19,440(税込)

マタニティマッサージ※プロフェッショナル研修認定

※日総研主催「妊産婦の頭痛・肩こり・疲労感を軽減するマッサージ手技取得」セミナー認定オイル



ページのトップへ戻る